NAOT

当店初登場のNAOT(ナオト)をご紹介します。

『1942年から70年以上続く、イスラエル発の革靴 NAOT(ナオト)。
ヘブライ語で“オアシス”を意味するNAOTの靴は、 まるで砂の上を素足で歩くかのようなやさしい履き心地です。
ふかふかと柔らかなインソールは足裏に馴染み、革の風合いも個性豊かに育ちます。』

〜メーカーサイトより抜粋〜

イタリア製の柔らかな革で作られるNAOTの靴は、革の上質感や親しみやすい佇まいなど、まずはぱっと見の印象がとても良いです。
そして履いてみるとインソールがフカフカと気持ち良くて、アッパーが吸い付くようにフィットします。
少し厚めなアウトソールが衝撃を緩和してくれるので疲れづらく、適度な厚底がとても歩きやすいので、一日中歩き回っても夕方足が痛いなんてこともありません。
どんなスタイルにも合わせやすくて、今流行りの「抜け感」のある雰囲気になります。
……我ながらベタ褒めだわ笑

NAOTのサボは二種類あります。
まずはシンプルで気軽さのあるIRISを試着して「あ、いい!」となり、もう一種類のFLORENCE(フローレンス)を履いてみると「あら、こっちもいい!」となります。
違いについてNAOTのサイトで分かりやすく解説していますので、そちらのリンクを貼っておきますね。


アウトソールの形状や細かい違いはいろいろありますが、大きな違いはIRISは甲のベルトを踵に掛けることができるということです。
どちらもフィット感があり比較的脱げにくいサボですが、ストラップのホールド感が欲しい方は迷わずIRISを!
デザイン性重視の方はFLORENCEがおすすめです
コーディネートの仕上がりが何ランクもUPします。
ホントです!
私は夏前からほぼ毎日IRISのホワイトを履いてきました。
甲を覆っているので涼しくはないのですが、見た目の爽やかさが白スニーカーっぽくどんな服にも合うので便利なんです。
今のところ店頭でも白が一番人気です。
買った時のまま防水スプレーなどもせず、一度もお手入れせず雨の日も履いていますが、汚れづらいと思います。
砂利道も歩いちゃうのでキズが付いていますが、自分の足のアタリも相まっていい雰囲気になりました。
アウトソールはかなり堅牢で全く減っていません。
IRISは豊富なカラーバリエーションの中から初回はホワイト、マットブラック、チェスナットの3色を選びました。
FLORENCEはもともとブラックマドラスとウォールナットの2色なのでどちらも入れました。
ちなみに、IRISもFLORENCEもインソールを簡単に取り外すことができます。
素足で履いているうちに黒ずんだり、フカフカ具合がヘタってきたら、別売のインソールと交換すればまた気持ちよく履くことができます。
アウトソールの修理や付け替えもしてもらえます。
ね、良い靴でしょ?
秋のお洒落は是非NAOTのシューズで!
本当に合わせやすい靴ですよ!

NOON MOON

青森市新町に移転オープンしたセレクトショップです。 天然素材を中心に大人カジュアル、シンプル、ナチュラルなデイリーウェアをご提案します。

0コメント

  • 1000 / 1000